平成26年のアルバム

以前のホームページに掲載していた『アルバム』の中から、平成26年の分を再録します。

献花祭

(平成26年3月3日の記事)

久々に晴れ渡った空のもと、献花祭が斎行されました。

20140303-01

今から824年前、建久元年3月3日に御鎮座になりました、第三殿 熊野證誠権現のお祭りです。
神木・梛の玉串に、時の花を添えて感謝の誠を捧げます。

まだまだ風は冷たいものの、明るい日差しには春が感じられました。

初午祭

(平成26年3月12日の記事)

吉岡稲荷神社にて、初午祭が斎行されました。

DSC02798

伏見稲荷大社(全国稲荷神社の総本宮)の祭神・宇迦御魂神が、初午の日に御鎮座になったという伝承から、この日に稲荷神をお祭りします。

DSC02804

新しい前掛けを奉納して頂きました。
お狐さんも嬉しそう。

神田の田植え

(平成26年6月19日の記事)

杭全神社神田にて田植えを行いました。

平成26年 夏祭

(平成26年7月16日の記事)

DSC03476

大型台風の接近が心配された今年の夏祭でしたが、幸い大きな天候の崩れは無く、期間中は多くの人出で賑わいました。

夏は疫病が流行り易い時期でもあります。恐ろしい疫病を鎮める為に行われた神事・祇園会(ぎおんえ)が、杭全神社夏祭の始まりと言われています。

上の画像は今年の神輿当番町、野堂北組の地車です。

鳥居額を新しくしました

(平成26年9月6日の記事)

20140905_hengaku

国道25号線に面して建つ石の大鳥居。そこに掲げる額を新しく作り替えました。
大きさはおよそ縦100cm・横80cmで、突起部まで含むと140cm角程あります。

近く鳥居に設置され、ご参拝の皆様をお迎えできる事と思います。

大鳥居に額を取付けました

(平成26年9月16日の記事)

P9160036

先日新調された社号額を、大鳥居に取付ける作業が行われました。

重量のある大きな額を、二人がかりで持ち上げます。通りすがりの人が足を止めて見上げる中、無事に鳥居の上に設置されました。

作業の過程で、金箔が剥がれてしまった箇所も、その場で修復。風が吹く中でも素早く金箔を押して、元の通り美しく仕上げる様は、まさに職人技です。

神前結婚式

(平成26年9月21日の記事)

IMG_2094

本日、神前結婚式をご奉仕致しました。

杭全大神がお鎮まりになる御本殿の御前にて、新郎新婦お二人が誓いの言葉を申し上げ、玉串を捧げて末永い幸せを祈られました。

御両家の益々の弥栄をお祈り申し上げます。

祖霊祭

(平成26年9月23日の記事)

P9230072

秋分の今日、ご先祖様の御霊をお慰めする祖霊祭を斎行しました。

おがたまの木と烏

(平成26年10月13日の記事)

PA130077

台風が近づくにつれ、境内の木々も風を受けて、ざわざわと揺れています。

拝殿のすぐ横に立つおがたまの木には、多くの烏が集まって、空の気配を感じている様子でした。

鎮守の森フェスティバルと抜穂祭

(平成26年10月20日の記事)

19日の日曜日、鎮守の森フェスティバルが行われ、沢山の人で賑わいました。

また、本日20日は抜穂祭を執り行い、引き続き神田の稲を収穫しました。

吉岡稲荷神社 鳥居再建工事

(平成26年11月4日の記事)

現在、杭全神社境内末社であります、吉岡稲荷神社の鳥居を再建する工事を行っております。

当初は、以前から建っていた鳥居を塗り直す予定でしたが、調査の結果、腐朽が進んでいた為、再建することになりました。

先月中頃に工事を始めて、古い鳥居を撤去。下旬に基礎に取付けたのち、本日塗装を施しました。

吉岡稲荷神社 鳥居奉納奉告祭

(平成26年11月8日の記事)

PB080202

先般より進めておりました、吉岡稲荷神社の鳥居再建工事が無事終了し、本日奉納奉告祭を執り行いました。

鎮火祭

(平成26年11月16日の記事)

15日夕刻、火の神の荒びを鎮め、火災のなからんことを祈念する鎮火祭を執り行いました。