平成16年のアルバム

以前のホームページに掲載していた『アルバム』の中から、平成16年の分を再録します。

御田植神事の道具類実測

(平成16年4月1日の記事)

jissoku001

元興寺文化財研究所による道具の修復作業にともない、そのデータ保存のための実測が、現在、大阪府教育委員会文化財保護課によって行われています。


jissoku002

緻密な実測を行います。


jissoku003

実測データを図面に落としてゆきます。


平成16年 御田植神事

(平成16年4月13日の記事)

この日はお天気に恵まれ、気温も今年に入って最高の摂氏25度に達しました。

一昨年より、御田植神事で使用する様々な道具が元興寺文化財研究所のもとで修復を受け、また文化財保護の観点から、修復を受けた道具と別に代替品(レプリカ)を製作し、今年から実際の神事ではこの代替品を使うこととなりました。

さらに今年は、神事演目のシテ(主役)である穂長尉を、御田植神事始まって以来初めて女性が務めることとなりました。

今年はこのように「初めてづくし」で、これまでにない話題性の高い御田植神事となりました。


16onda001

御田植神事の開始にあたり、手水舎の前に列立します。


16onda002

前導所役の前導により、舞台となる拝殿へ向かいます。


16onda003

拝殿にて、演者一同がお祓いを受けます。


16onda004

桐箱から面を取り出し、おし戴きます。


16onda005

面をつけます。


16onda006

鍬を使って耕す所作を行います。


16onda007

唐鋤でさらに耕します。


16onda008

唐鋤を引く牛。


16onda009

新調された唐鋤。


16onda010

耕した田をならします。


16onda011

「福の種を蒔こうよ」


16onda012

「太郎坊やーい、次郎坊やーい」


16onda013

飯を食べさせます。


16onda014

放尿させます。


16onda015

田植えを行います。


16onda016

神事がすむと、参拝者は縁起を戴こうと蒔かれた籾を拾います。


16onda017

シテを奉仕された蓜島さん。
初の女性シテとあって注目を集めるなか、見事に演目を務められました。


16onda018

神事の道具類修復でお世話になっている、元興寺文化財研究所の木下さん。
早乙女役を務められました。


16onda019

演者一同で記念撮影。


奉納絵馬の修復作業

(平成16年4月22日の記事)

emadou002

当社の絵馬堂には、 古くより奉納されてきた絵馬が飾られており、なかには江戸期のものも多く存在しています。

近年、これら絵馬の傷みが目立つようになってきていることから、(財)住友財団のご支援を賜り、元興寺文化財研究所のもとで順次修復される運びとなりました。最初の絵馬を絵馬堂の梁から降ろしたところ、寛保元年(1741)に井筒屋某の奉納を受けたもので、絵柄は橘守国(1679-1748)の描いたものであることが、冷泉為人氏(冷泉家時雨亭文庫理事長)の鑑定により改めて確認されました。

格調高い図柄とともに、その文化財的価値の高さが俄な話題 となっています。


ema001

冷泉氏と、件の絵馬(元興寺文化財研究所にて)。


ema002

絵馬の裏書。


平成16年 田村祭

(平成16年5月23日の記事)

毎年、坂上田村麻呂公の命日である5月23日に行われる田村祭ですが、今年は5月23日がちょうど日曜日にあたり、例年を上回る多数のご参列を戴きました。


tamurasai13-001

田村社の内部が、祭典に向け装飾されます。


tamurasai16-001

参列者一同がお祓いを受けます。


tamurasai13-002

田村祭の特殊神饌、「剣菱」。


tamurasai16-002

祭典後の直会。


tamurasai16-003

このあと、坂上広野麻呂公のお墓へお詣りをします。


平成16年 夏祭り

(平成16年7月11日~14日の記事)

7月11日

natsu16-001

早朝、太鼓台が出発する。


natsu16-002

川行神事への出発に先立つお祓い。


natsu16-003

神輿が川行神事に向かう。


natsu16-004

樋之尻橋における、神輿の足洗行事。


natsu16-005

川行神事を終え、神社へ戻ってきた神輿。


natsu16-006

遷御に先立ち、神輿の装飾を行う。


natsu16-007

神社へ戻ってきた太鼓台。


natsu16-008

太鼓台に搭乗していた敲児。


natsu16-009

巫女による神楽の奉仕。


7月12日

natsu16-010

夏祭りの見どころの一つ、だんじり九町合同曳行。


natsu16-011

九台のだんじりが南港通りに勢揃いする。


natsu16-012

南港通りは見物の人出であふれる。


7月13日

natsu16-013

夏祭りの祭儀斎行。


natsu16-014

氏子総代が玉串を奉る。


natsu16-015

宵宮祭。


natsu16-016

夜、九台のだんじりが順に宮入りする。夏祭り最大の見どころ。


natsu16-017

今年の宮入り一番手、野堂北組。


natsu16-018

二番、野堂町南組。


natsu16-019

三番、野堂東組。


natsu16-020

四番、馬場町。


natsu16-021

五番、泥堂町。


natsu16-022

六番、西脇組。


natsu16-023

七番、背戸口町。


natsu16-024

八番、市町。


natsu16-025

宮入りしただんじりが参道に並ぶ。


natsu16-026

人出あふれる参道。


natsu16-027

いよいよ最後のだんじりが宮入りする。


natsu16-028

九番、流町。


natsu16-029

午前零時頃、九台目の宮入りが完了する。


7月14日

natsu16-030

出発を待つ太鼓台。


natsu16-031

敲児が乗りこむ。


natsu16-032

神輿に先立ち太鼓台が出発する。


natsu16-033

神輿の出御。


natsu16-034

町内巡幸に向かう。


natsu16-035

お渡り行列が出発を待つ。


natsu16-036

猿田彦が人力車に乗車し、準備完了。


natsu16-037

神輿供奉のお渡り行列が出発する。


natsu16-038

御旅所となる三十歩神社の様子。


natsu16-039

全興寺での祭儀。


natsu16-040

長宝寺での祭儀。


natsu16-041

お渡り行列が帰着する。


natsu16-042

太鼓台の帰還。


natsu16-043

搭乗していた敲児たち。


natsu16-044

平野だんじり囃子保存会による、囃子と踊りの奉仕。


natsu16-045

神輿の還御。この後、還御祭を行い、夏祭りが終了する。